【調査レポート】オンラインファッションの返品問題とその解決策

【調査レポート】オンラインファッションの返品問題とその解決策

【調査レポート】オンラインファッションの返品問題とその解決策

急速なEコマースの発展に伴い、世界中のオンライン購入者数は著しく増加しています。Certainly*1によると、過去10年でEコマース売上高は世界的に300%増加しました。しかし、その一方でEコマースの返品率も上昇しており、さまざまな業界で20%から40%の返品率が生じています。これに対して、実店舗では5%から10%という、かなり控えめな返品率を維持しています。

アパレル業界のサイズ統一の不足

アパレル業界では、サイズ規格が統一されていないことが問題となっています。各企業はそれぞれの顧客層に合わせて独自のサイズチャートを作成しており、その結果、アパレル業界の返品率は26%と高く、靴、バッグ、アクセサリーの各カテゴリも18%の返品率を示しています(Coresight Research*2より)。返品率の増加は、アパレルブランドと小売業者にとって売上、コスト、顧客満足度、ブランドロイヤリティ、そしてサステナビリティに影響を与えています。

ヨーロッパのEコマース返品率が最も高い

LogisticsMatter*3の研究とVirtusize独自データによると、ヨーロッパは世界で最もEコマースの返品率が高い地域です。ドイツが41%でトップを占め、オランダが36%、イギリスが32%と続いています。これに対し、アメリカ、中国、韓国の返品率は20%から30%の範囲にあり、日本は10%の返品率となっています。

サイズが返品の主要な原因

米国の有力なアパレルブランドと小売業者を対象としたCoresight Research*2の2023年3月の調査によると、オンラインサイトにおける返品の主要原因は「サイズ/フィット感の不一致」であり、返品理由の50%以上を占めています。次いで、「色の不一致」や「商品の損傷」が続いています。この結果から、アパレル企業にとって、サイズ感や色味の表現等、オンラインにおいてアイテムの情報をいかにわかりやすく伝えられるかが重要であることを示しています。

アパレル業界で広く採用されるバーチャル試着

近年、バーチャル試着の技術はアパレル業界内で重要な役割を果たしています。これらのテクノロジーを用いたソリューションは、お客様に対して、まるで服やアクセサリーなどの製品を、本当に試着しているかのような体験を提供できます。Coresight Research*2の調査によると、対象者の58%は、バーチャル試着ソリューションを現在導入していないものの、将来的に導入する見込みがあることが明らかになっています。

サイズレコメンドソリューションによるコンバージョン率向上

上記の調査は、小売業界内で注目すべき傾向も示しています。現在、サイズレコメンドソリューションを利用しているアパレルブランドと小売業者の29%のうち、約80%がコンバージョン率の上昇を報告しています。これはサイズレコメンド等のテクノロジーを用いたソリューションを導入することが、コンバージョン率を向上させるための一つの主要な施策になりうることを示しています。

サイズ課題に対するVirtusizeのソリューション

Virtusizeは、既存のサービスとは異なる視点からバーチャル試着・サイズレコメンドソリューションを提供しています。オンラインサイト上では、アイテム同士の比較だけでなく、お客様から提供された身体データを使用し、お客様固有のシルエットとアイテムを比較することも可能です。私たちは、お客様のサイズに対する不安を取り除き、快適で安全なオンラインショッピング体験の実現を支援しています。

さらに、私達はバーチャル試着サービス「Virtusize」に加えて、アイテムレコメンドソリューション「FittingRoom」と分析プラットフォーム「Analytics」も提供しています。これらのソリューションでは、Virtusizeがお客様からお預かりしている、お客様の”サイト横断的な”購買情報・比較検討情報をもとに、高度にパーソナライズされたレコメンドを提示し、適切なアイテムの選択をサポートしています。また、ファッションEコマース業界に向けては、返品率を減少させ、リピート率の向上に貢献しています。現在、Adidas、ラルフ・ローレン、アンダーアーマー、ビームス、ユナイテッドアローズ、オンワード、ワールド、マルイ、ルミネなど、世界中の150以上のファッションサイトが私達のサービスを利用しています。

*1 Certainly  https://certainly.io/blog/ecommerce-returns-peak-season/
*2 Coresight Research https://coresight.com/research/the-true-cost-of-apparel-returns-alarming-return-rates-require-loss-minimization-solutions/
*3 LogisticsMatter https://logisticsmatter.com/need-know-e-commerce-returns-europe/

急速なEコマースの発展に伴い、世界中のオンライン購入者数は著しく増加しています。Certainly*1によると、過去10年でEコマース売上高は世界的に300%増加しました。しかし、その一方でEコマースの返品率も上昇しており、さまざまな業界で20%から40%の返品率が生じています。これに対して、実店舗では5%から10%という、かなり控えめな返品率を維持しています。

アパレル業界のサイズ統一の不足

アパレル業界では、サイズ規格が統一されていないことが問題となっています。各企業はそれぞれの顧客層に合わせて独自のサイズチャートを作成しており、その結果、アパレル業界の返品率は26%と高く、靴、バッグ、アクセサリーの各カテゴリも18%の返品率を示しています(Coresight Research*2より)。返品率の増加は、アパレルブランドと小売業者にとって売上、コスト、顧客満足度、ブランドロイヤリティ、そしてサステナビリティに影響を与えています。

ヨーロッパのEコマース返品率が最も高い

LogisticsMatter*3の研究とVirtusize独自データによると、ヨーロッパは世界で最もEコマースの返品率が高い地域です。ドイツが41%でトップを占め、オランダが36%、イギリスが32%と続いています。これに対し、アメリカ、中国、韓国の返品率は20%から30%の範囲にあり、日本は10%の返品率となっています。

サイズが返品の主要な原因

米国の有力なアパレルブランドと小売業者を対象としたCoresight Research*2の2023年3月の調査によると、オンラインサイトにおける返品の主要原因は「サイズ/フィット感の不一致」であり、返品理由の50%以上を占めています。次いで、「色の不一致」や「商品の損傷」が続いています。この結果から、アパレル企業にとって、サイズ感や色味の表現等、オンラインにおいてアイテムの情報をいかにわかりやすく伝えられるかが重要であることを示しています。

アパレル業界で広く採用されるバーチャル試着

近年、バーチャル試着の技術はアパレル業界内で重要な役割を果たしています。これらのテクノロジーを用いたソリューションは、お客様に対して、まるで服やアクセサリーなどの製品を、本当に試着しているかのような体験を提供できます。Coresight Research*2の調査によると、対象者の58%は、バーチャル試着ソリューションを現在導入していないものの、将来的に導入する見込みがあることが明らかになっています。

サイズレコメンドソリューションによるコンバージョン率向上

上記の調査は、小売業界内で注目すべき傾向も示しています。現在、サイズレコメンドソリューションを利用しているアパレルブランドと小売業者の29%のうち、約80%がコンバージョン率の上昇を報告しています。これはサイズレコメンド等のテクノロジーを用いたソリューションを導入することが、コンバージョン率を向上させるための一つの主要な施策になりうることを示しています。

サイズ課題に対するVirtusizeのソリューション

Virtusizeは、既存のサービスとは異なる視点からバーチャル試着・サイズレコメンドソリューションを提供しています。オンラインサイト上では、アイテム同士の比較だけでなく、お客様から提供された身体データを使用し、お客様固有のシルエットとアイテムを比較することも可能です。私たちは、お客様のサイズに対する不安を取り除き、快適で安全なオンラインショッピング体験の実現を支援しています。

さらに、私達はバーチャル試着サービス「Virtusize」に加えて、アイテムレコメンドソリューション「FittingRoom」と分析プラットフォーム「Analytics」も提供しています。これらのソリューションでは、Virtusizeがお客様からお預かりしている、お客様の”サイト横断的な”購買情報・比較検討情報をもとに、高度にパーソナライズされたレコメンドを提示し、適切なアイテムの選択をサポートしています。また、ファッションEコマース業界に向けては、返品率を減少させ、リピート率の向上に貢献しています。現在、Adidas、ラルフ・ローレン、アンダーアーマー、ビームス、ユナイテッドアローズ、オンワード、ワールド、マルイ、ルミネなど、世界中の150以上のファッションサイトが私達のサービスを利用しています。

*1 Certainly  https://certainly.io/blog/ecommerce-returns-peak-season/
*2 Coresight Research https://coresight.com/research/the-true-cost-of-apparel-returns-alarming-return-rates-require-loss-minimization-solutions/
*3 LogisticsMatter https://logisticsmatter.com/need-know-e-commerce-returns-europe/

急速なEコマースの発展に伴い、世界中のオンライン購入者数は著しく増加しています。Certainly*1によると、過去10年でEコマース売上高は世界的に300%増加しました。しかし、その一方でEコマースの返品率も上昇しており、さまざまな業界で20%から40%の返品率が生じています。これに対して、実店舗では5%から10%という、かなり控えめな返品率を維持しています。

アパレル業界のサイズ統一の不足

アパレル業界では、サイズ規格が統一されていないことが問題となっています。各企業はそれぞれの顧客層に合わせて独自のサイズチャートを作成しており、その結果、アパレル業界の返品率は26%と高く、靴、バッグ、アクセサリーの各カテゴリも18%の返品率を示しています(Coresight Research*2より)。返品率の増加は、アパレルブランドと小売業者にとって売上、コスト、顧客満足度、ブランドロイヤリティ、そしてサステナビリティに影響を与えています。

ヨーロッパのEコマース返品率が最も高い

LogisticsMatter*3の研究とVirtusize独自データによると、ヨーロッパは世界で最もEコマースの返品率が高い地域です。ドイツが41%でトップを占め、オランダが36%、イギリスが32%と続いています。これに対し、アメリカ、中国、韓国の返品率は20%から30%の範囲にあり、日本は10%の返品率となっています。

サイズが返品の主要な原因

米国の有力なアパレルブランドと小売業者を対象としたCoresight Research*2の2023年3月の調査によると、オンラインサイトにおける返品の主要原因は「サイズ/フィット感の不一致」であり、返品理由の50%以上を占めています。次いで、「色の不一致」や「商品の損傷」が続いています。この結果から、アパレル企業にとって、サイズ感や色味の表現等、オンラインにおいてアイテムの情報をいかにわかりやすく伝えられるかが重要であることを示しています。

アパレル業界で広く採用されるバーチャル試着

近年、バーチャル試着の技術はアパレル業界内で重要な役割を果たしています。これらのテクノロジーを用いたソリューションは、お客様に対して、まるで服やアクセサリーなどの製品を、本当に試着しているかのような体験を提供できます。Coresight Research*2の調査によると、対象者の58%は、バーチャル試着ソリューションを現在導入していないものの、将来的に導入する見込みがあることが明らかになっています。

サイズレコメンドソリューションによるコンバージョン率向上

上記の調査は、小売業界内で注目すべき傾向も示しています。現在、サイズレコメンドソリューションを利用しているアパレルブランドと小売業者の29%のうち、約80%がコンバージョン率の上昇を報告しています。これはサイズレコメンド等のテクノロジーを用いたソリューションを導入することが、コンバージョン率を向上させるための一つの主要な施策になりうることを示しています。

サイズ課題に対するVirtusizeのソリューション

Virtusizeは、既存のサービスとは異なる視点からバーチャル試着・サイズレコメンドソリューションを提供しています。オンラインサイト上では、アイテム同士の比較だけでなく、お客様から提供された身体データを使用し、お客様固有のシルエットとアイテムを比較することも可能です。私たちは、お客様のサイズに対する不安を取り除き、快適で安全なオンラインショッピング体験の実現を支援しています。

さらに、私達はバーチャル試着サービス「Virtusize」に加えて、アイテムレコメンドソリューション「FittingRoom」と分析プラットフォーム「Analytics」も提供しています。これらのソリューションでは、Virtusizeがお客様からお預かりしている、お客様の”サイト横断的な”購買情報・比較検討情報をもとに、高度にパーソナライズされたレコメンドを提示し、適切なアイテムの選択をサポートしています。また、ファッションEコマース業界に向けては、返品率を減少させ、リピート率の向上に貢献しています。現在、Adidas、ラルフ・ローレン、アンダーアーマー、ビームス、ユナイテッドアローズ、オンワード、ワールド、マルイ、ルミネなど、世界中の150以上のファッションサイトが私達のサービスを利用しています。

*1 Certainly  https://certainly.io/blog/ecommerce-returns-peak-season/
*2 Coresight Research https://coresight.com/research/the-true-cost-of-apparel-returns-alarming-return-rates-require-loss-minimization-solutions/
*3 LogisticsMatter https://logisticsmatter.com/need-know-e-commerce-returns-europe/

Tell us more about you to download

ありがとうございます!下のボタンより資料をダウンロードしてください。
ダウンロード
Oops! Something went wrong while submitting the form.
Thank you! Please download the file below.
Download a file
Oops! Something went wrong while submitting the form.
감사합니다! 파일을 다운로드해주세요!
파일 다운로드
Oops! Something went wrong while submitting the form.

Up next

【ファッション通販サイト|SHEL'TTER WEBSTORE調査】バーチャル試着Virtusize利用者のうち、90%以上が「今後も継続的に利用するつもり」と回答

【メディア掲載】繊研新聞に弊社CEO:Andreasのインタビュー記事が掲載されました!

オリジナル商品を中心としたアイテムの定期便を展開する【フェリシモ】へ提供開始 ~返品率の改善等に期待~

CEOアンドレアスより 年始のご挨拶

CSマネージャーの阿部より年末のご挨拶

お客様向けFAQのURLを変更いたしました

[SHEL'TTER WEBSTORE Survey] More than 90% of virtual try-on Virtusize users say they intend to continue using the site in the future.

[Media Coverage] An interview with our CEO: Andreas was published in the Senken Shinbun!

New Partner - Felissimo

The E-Commerce Fit Dilemma: The Returns Problem in Online Fashion and how to Solve it

Media Coverage: Article about Virtusize's patent acquisition was published in Japan Net Keizai Shinbun!

Virtusize Secures Patent Approval for Groundbreaking Footwear Sizing Technology

글로벌 온라인 피팅 솔루션 버츄사이즈, 영국 프리미엄 컨템포러리 브랜드 올세인츠(Allsaints)에 서비스 제공 시작

버츄사이즈, 아웃도어 브랜드 네파(NEPA)에 서비스 제공

입어볼 수 없다면, 가지고 있는 옷과 비교해보세요. 사이즈 솔루션 ‘버츄사이즈’

버츄사이즈, 온라인 쇼핑 솔루션 새 버전 출시

코로나(COVID-19) 바이러스가 일본 패션시장에 미친 영향

비대면 패션/유통 부상한다

【調査レポート】オンラインファッションの返品問題とその解決策

急速なEコマースの発展に伴い、世界中のオンライン購入者数は著しく増加しています。Certainly*1によると、過去10年でEコマース売上高は世界的に300%増加しました。しかし、その一方でEコマースの返品率も上昇しており、さまざまな業界で20%から40%の返品率が生じています。これに対して、実店舗では5%から10%という、かなり控えめな返品率を維持しています。

アパレル業界のサイズ統一の不足

アパレル業界では、サイズ規格が統一されていないことが問題となっています。各企業はそれぞれの顧客層に合わせて独自のサイズチャートを作成しており、その結果、アパレル業界の返品率は26%と高く、靴、バッグ、アクセサリーの各カテゴリも18%の返品率を示しています(Coresight Research*2より)。返品率の増加は、アパレルブランドと小売業者にとって売上、コスト、顧客満足度、ブランドロイヤリティ、そしてサステナビリティに影響を与えています。

ヨーロッパのEコマース返品率が最も高い

LogisticsMatter*3の研究とVirtusize独自データによると、ヨーロッパは世界で最もEコマースの返品率が高い地域です。ドイツが41%でトップを占め、オランダが36%、イギリスが32%と続いています。これに対し、アメリカ、中国、韓国の返品率は20%から30%の範囲にあり、日本は10%の返品率となっています。

サイズが返品の主要な原因

米国の有力なアパレルブランドと小売業者を対象としたCoresight Research*2の2023年3月の調査によると、オンラインサイトにおける返品の主要原因は「サイズ/フィット感の不一致」であり、返品理由の50%以上を占めています。次いで、「色の不一致」や「商品の損傷」が続いています。この結果から、アパレル企業にとって、サイズ感や色味の表現等、オンラインにおいてアイテムの情報をいかにわかりやすく伝えられるかが重要であることを示しています。

アパレル業界で広く採用されるバーチャル試着

近年、バーチャル試着の技術はアパレル業界内で重要な役割を果たしています。これらのテクノロジーを用いたソリューションは、お客様に対して、まるで服やアクセサリーなどの製品を、本当に試着しているかのような体験を提供できます。Coresight Research*2の調査によると、対象者の58%は、バーチャル試着ソリューションを現在導入していないものの、将来的に導入する見込みがあることが明らかになっています。

サイズレコメンドソリューションによるコンバージョン率向上

上記の調査は、小売業界内で注目すべき傾向も示しています。現在、サイズレコメンドソリューションを利用しているアパレルブランドと小売業者の29%のうち、約80%がコンバージョン率の上昇を報告しています。これはサイズレコメンド等のテクノロジーを用いたソリューションを導入することが、コンバージョン率を向上させるための一つの主要な施策になりうることを示しています。

サイズ課題に対するVirtusizeのソリューション

Virtusizeは、既存のサービスとは異なる視点からバーチャル試着・サイズレコメンドソリューションを提供しています。オンラインサイト上では、アイテム同士の比較だけでなく、お客様から提供された身体データを使用し、お客様固有のシルエットとアイテムを比較することも可能です。私たちは、お客様のサイズに対する不安を取り除き、快適で安全なオンラインショッピング体験の実現を支援しています。

さらに、私達はバーチャル試着サービス「Virtusize」に加えて、アイテムレコメンドソリューション「FittingRoom」と分析プラットフォーム「Analytics」も提供しています。これらのソリューションでは、Virtusizeがお客様からお預かりしている、お客様の”サイト横断的な”購買情報・比較検討情報をもとに、高度にパーソナライズされたレコメンドを提示し、適切なアイテムの選択をサポートしています。また、ファッションEコマース業界に向けては、返品率を減少させ、リピート率の向上に貢献しています。現在、Adidas、ラルフ・ローレン、アンダーアーマー、ビームス、ユナイテッドアローズ、オンワード、ワールド、マルイ、ルミネなど、世界中の150以上のファッションサイトが私達のサービスを利用しています。

*1 Certainly  https://certainly.io/blog/ecommerce-returns-peak-season/
*2 Coresight Research https://coresight.com/research/the-true-cost-of-apparel-returns-alarming-return-rates-require-loss-minimization-solutions/
*3 LogisticsMatter https://logisticsmatter.com/need-know-e-commerce-returns-europe/

急速なEコマースの発展に伴い、世界中のオンライン購入者数は著しく増加しています。Certainly*1によると、過去10年でEコマース売上高は世界的に300%増加しました。しかし、その一方でEコマースの返品率も上昇しており、さまざまな業界で20%から40%の返品率が生じています。これに対して、実店舗では5%から10%という、かなり控えめな返品率を維持しています。

アパレル業界のサイズ統一の不足

アパレル業界では、サイズ規格が統一されていないことが問題となっています。各企業はそれぞれの顧客層に合わせて独自のサイズチャートを作成しており、その結果、アパレル業界の返品率は26%と高く、靴、バッグ、アクセサリーの各カテゴリも18%の返品率を示しています(Coresight Research*2より)。返品率の増加は、アパレルブランドと小売業者にとって売上、コスト、顧客満足度、ブランドロイヤリティ、そしてサステナビリティに影響を与えています。

ヨーロッパのEコマース返品率が最も高い

LogisticsMatter*3の研究とVirtusize独自データによると、ヨーロッパは世界で最もEコマースの返品率が高い地域です。ドイツが41%でトップを占め、オランダが36%、イギリスが32%と続いています。これに対し、アメリカ、中国、韓国の返品率は20%から30%の範囲にあり、日本は10%の返品率となっています。

サイズが返品の主要な原因

米国の有力なアパレルブランドと小売業者を対象としたCoresight Research*2の2023年3月の調査によると、オンラインサイトにおける返品の主要原因は「サイズ/フィット感の不一致」であり、返品理由の50%以上を占めています。次いで、「色の不一致」や「商品の損傷」が続いています。この結果から、アパレル企業にとって、サイズ感や色味の表現等、オンラインにおいてアイテムの情報をいかにわかりやすく伝えられるかが重要であることを示しています。

アパレル業界で広く採用されるバーチャル試着

近年、バーチャル試着の技術はアパレル業界内で重要な役割を果たしています。これらのテクノロジーを用いたソリューションは、お客様に対して、まるで服やアクセサリーなどの製品を、本当に試着しているかのような体験を提供できます。Coresight Research*2の調査によると、対象者の58%は、バーチャル試着ソリューションを現在導入していないものの、将来的に導入する見込みがあることが明らかになっています。

サイズレコメンドソリューションによるコンバージョン率向上

上記の調査は、小売業界内で注目すべき傾向も示しています。現在、サイズレコメンドソリューションを利用しているアパレルブランドと小売業者の29%のうち、約80%がコンバージョン率の上昇を報告しています。これはサイズレコメンド等のテクノロジーを用いたソリューションを導入することが、コンバージョン率を向上させるための一つの主要な施策になりうることを示しています。

サイズ課題に対するVirtusizeのソリューション

Virtusizeは、既存のサービスとは異なる視点からバーチャル試着・サイズレコメンドソリューションを提供しています。オンラインサイト上では、アイテム同士の比較だけでなく、お客様から提供された身体データを使用し、お客様固有のシルエットとアイテムを比較することも可能です。私たちは、お客様のサイズに対する不安を取り除き、快適で安全なオンラインショッピング体験の実現を支援しています。

さらに、私達はバーチャル試着サービス「Virtusize」に加えて、アイテムレコメンドソリューション「FittingRoom」と分析プラットフォーム「Analytics」も提供しています。これらのソリューションでは、Virtusizeがお客様からお預かりしている、お客様の”サイト横断的な”購買情報・比較検討情報をもとに、高度にパーソナライズされたレコメンドを提示し、適切なアイテムの選択をサポートしています。また、ファッションEコマース業界に向けては、返品率を減少させ、リピート率の向上に貢献しています。現在、Adidas、ラルフ・ローレン、アンダーアーマー、ビームス、ユナイテッドアローズ、オンワード、ワールド、マルイ、ルミネなど、世界中の150以上のファッションサイトが私達のサービスを利用しています。

*1 Certainly  https://certainly.io/blog/ecommerce-returns-peak-season/
*2 Coresight Research https://coresight.com/research/the-true-cost-of-apparel-returns-alarming-return-rates-require-loss-minimization-solutions/
*3 LogisticsMatter https://logisticsmatter.com/need-know-e-commerce-returns-europe/

Up next

【ファッション通販サイト|SHEL'TTER WEBSTORE調査】バーチャル試着Virtusize利用者のうち、90%以上が「今後も継続的に利用するつもり」と回答

【メディア掲載】繊研新聞に弊社CEO:Andreasのインタビュー記事が掲載されました!

オリジナル商品を中心としたアイテムの定期便を展開する【フェリシモ】へ提供開始 ~返品率の改善等に期待~

CEOアンドレアスより 年始のご挨拶

CSマネージャーの阿部より年末のご挨拶

お客様向けFAQのURLを変更いたしました

「理想のファッションに出会える」
ECサイトをビジネスの強みにしませんか?

お問い合せ