コロナ禍でヨーロッパでのオンラインファッション需要は急増しているが、人々はより良いサイズガイダンスを必要としている

コロナ禍でヨーロッパでのオンラインファッション需要は急増しているが、人々はより良いサイズガイダンスを必要としている

コロナ禍でヨーロッパでのオンラインファッション需要は急増しているが、人々はより良いサイズガイダンスを必要としている

スウェーデン発のグローバルオンライン決済企業「Klarna」メディアの最新記事にVirtusizeが掲載。

ヨーロッパ、特にスウェーデンでのオンラインでのファッションの需要が非常に高まっているという本記事に、弊社CEOアンドレアスが将来的に購買者が持ちうる期待や購買習慣についてKlarna社とともにコメントしています。


以下記事は、Klarna社オンラインメディア記事より抜粋の上、翻訳転載しております。

原文は、スウェーデン語ですが、以下日本語訳をしております。ぜひ、ご一読ください!

オンラインでの衣料品販売は急増していますが、スウェーデン人は適切なサイズを見つけるためのより良いサービスを求めている

ストックホルム / 10月9日 

コロナの大流行の間、オンラインでの衣類の販売は大幅に増加しました。しかし、オンラインで服を購入したほとんどすべてのスウェーデン人は、ある時点で、購入した服が期待どおりに合わないことを経験しました。解決策は、現在アジアで成功しているオンライン試着サービスです。


Klarna *の統計によると、コロナパンデミック期間中の衣料品および履物のオンライン販売は、前年同期と比較して57%増加し、秋もこの傾向が続き、9月の販売は61%増加しました。同時に、最近の調査**によると、約半数(46%)が適切なサイズを見つけるのに十分な助けが得られないと感じており、ある時点でオンラインで服を購入したほぼすべての人(95%)が、サイズが期待どおりではなかったとい経験をしています。

スウェーデンのファッション買い物客の大多数は、将来、より良いサービスを期待しています。10人中7人(69%)は、仮想試着室で服を試着して、適切なサイズを選べるように、服がどのようにフィットするかをテクノロジーを利用して確認したいと考えています。10人中8人(82%)が、将来的にオンラインストアでより一般的になると予想しています。

 

Virtusizeは、オンライン試着サービスを提供するスウェーデンの会社です。近年、特にアジア市場で爆発的に成長しています。同社のサービスは現在、オンラインでの日本のファッション購入の約5分の1で使用されていますが、AcneやNudieなどの有名なスウェーデンのブランドでも使用されています。Virtusizeを使用すると、顧客は自分の体の測定値と体の形に基づいて個人のデジタルプロファイルを作成し、それを衣服の寸法と比較して、どのようにフィットするかを確認できます。購入したい製品のサイズを自分の好きな衣服と視覚的に比較する機会も顧客に提供されます。

VirtusizeのCEOであるアンドレアスオラウソンは、ヨーロッパの消費者からの期待を理解することができ、ヨーロッパのファッション小売業者が将来的にオンライン試着サービスを導入することがより一般的になると信じています。

オンライン試着は、今日ヨーロッパでは非常に抽象的な概念です。しかし、Klarnaの調査は、スウェーデンの消費者の間で、サイズと服がどのようにフィットするかをよりよく理解するという明確な意志があることを確認しています。アジア市場では、オンライン試着サービスがリターンシェアを減らし、顧客満足度を高めることがわかりました。今日、アジアのファッションハウスが顧客にオーダーメイドのデジタルショッピング体験を提供しないことは考えられないでしょう、とアンドレアスオラウソンは言います。

日曜日の夜はファッションを買うのに最も人気のある時間です

何百万ものスウェーデンのファッション購入を分析した後、Klarnaは、買い物をするのに最も人気のある時間は、日曜日の夜19〜20時のであると判断できました。購入の3分の2(67%)は携帯電話からのものであり、これは女性の間ではるかに一般的です。男性は、コンピュータとタブレットをより多く使用します。

多くの購入が日曜日の夜遅くまで行われているという事実は、多くの人が来週の仕事の前にリラックスする機会であるという説明をできるかもしれません。スウェーデン人の大多数が、適切なモデルとサイズを選択する際に小売から得られるすべてのガイドを高く評価していることも、それほど奇妙なことではありません。パンデミックが実店舗で服を試着する機会に影響を与えたとき今は特にそうであろう、とKlarnaの消費者行動の専門家であるVivekaSöderbäckは言います。

ストックホルム市民は一人当たりのファッションへの消費が圧倒的に多い

Klarnaのショッピングインデックスは、ストックホルム市民が一人当たりの買い物が最も多く、平均的なスウェーデン人よりも服や靴に一人当たり平均18%多く費やしていることを明確に示しています。また、最も買い物をしている郡間の明確なつながりを見ることができます。最も人口密度の高い3つの郡、ストックホルム郡、VästraGötaland地域、RegionSkåneはすべて、ショッピングインデックスのトップであり、全国平均を上回っています。

-品揃えの豊富な実店舗の集中度が高いにもかかわらず、ファッションのeコマースが国内の3大都市周辺の最も人口密度の高い地域で最も人気があることは明らかです。これは、都市生活者のファッションへの関心が高く、オンラインショッピングが実店舗を補完する魅力的な存在になりつつあるためと考えられるかもしれません。これは、コロナパンデミック中の予防措置に関連している可能性が、同時に、オンラインストアでの商品提示技術が向上し、柔軟で迅速な配送が可能になってきていると、VivekaSöderbäckは述べています。

 

* 統計は、2020年3月21日から9月21日までの間にKlarnaの決済ソリューションを利用した場合のものです。Klarnaは、スウェーデンのEコマースの取引の約半分を取り扱っています。

** KlarnaはCintと共同でスウェーデンの消費者1,067人を対象とした代表的な調査で実施しました。

詳細はこちら

Johan Gustafsson,

Head ofCommunications Klarna0728558617

johan.gustafsson@klarna.com

 

Klarnaについて

Klarnaは、世界有数の決済プロバイダーであり、完全認可銀行でもあります。Klarnaは、決済と銀行サービスに革命を起こし、消費者と加盟店の双方にとって可能な限りスムーズなショッピング体験を実現したいと考えています。2005年にストックホルムで設立され、現在の評価額は530億クローネで、ヨーロッパで最も高く評価されているプライベート・フィンテック企業の一つです。Klarnaは、消費者に今すぐ支払う、後で支払う、または時間をかけて支払いを分割することができる機会を提供しており、どこでも簡単で安全でスムーズなショッピング体験を提供しています。Klarnaは現在、20万の提携販売店と3,000人の従業員を擁し、17カ国で活動しています。Klarnaの販売店には、H&M、IKEA、Expedia Group、ASOS、Michael Kors、Nike、Superdry、Sephora、Samsung、Zara、Boozt、Sonos、Daniel Wellingtonなどのブランドがあり、Klarnaの革新的なショッピング体験を通じて、支払いを超えたサービスを提供し、消費者が個人の経済をコントロールする機会を提供しています。詳細については、klarna.comをご覧ください。

原文はこちら : 

https://www.klarna.com/international/press/kladforsaljningen-pa-natet-okar-kraftigt-men-svenskarna-vill-ha-battre-hjalp-med-att-hitta-ratt-storlek/


スウェーデン発のグローバルオンライン決済企業「Klarna」メディアの最新記事にVirtusizeが掲載。

ヨーロッパ、特にスウェーデンでのオンラインでのファッションの需要が非常に高まっているという本記事に、弊社CEOアンドレアスが将来的に購買者が持ちうる期待や購買習慣についてKlarna社とともにコメントしています。


以下記事は、Klarna社オンラインメディア記事より抜粋の上、翻訳転載しております。

原文は、スウェーデン語ですが、以下日本語訳をしております。ぜひ、ご一読ください!

オンラインでの衣料品販売は急増していますが、スウェーデン人は適切なサイズを見つけるためのより良いサービスを求めている

ストックホルム / 10月9日 

コロナの大流行の間、オンラインでの衣類の販売は大幅に増加しました。しかし、オンラインで服を購入したほとんどすべてのスウェーデン人は、ある時点で、購入した服が期待どおりに合わないことを経験しました。解決策は、現在アジアで成功しているオンライン試着サービスです。


Klarna *の統計によると、コロナパンデミック期間中の衣料品および履物のオンライン販売は、前年同期と比較して57%増加し、秋もこの傾向が続き、9月の販売は61%増加しました。同時に、最近の調査**によると、約半数(46%)が適切なサイズを見つけるのに十分な助けが得られないと感じており、ある時点でオンラインで服を購入したほぼすべての人(95%)が、サイズが期待どおりではなかったとい経験をしています。

スウェーデンのファッション買い物客の大多数は、将来、より良いサービスを期待しています。10人中7人(69%)は、仮想試着室で服を試着して、適切なサイズを選べるように、服がどのようにフィットするかをテクノロジーを利用して確認したいと考えています。10人中8人(82%)が、将来的にオンラインストアでより一般的になると予想しています。

 

Virtusizeは、オンライン試着サービスを提供するスウェーデンの会社です。近年、特にアジア市場で爆発的に成長しています。同社のサービスは現在、オンラインでの日本のファッション購入の約5分の1で使用されていますが、AcneやNudieなどの有名なスウェーデンのブランドでも使用されています。Virtusizeを使用すると、顧客は自分の体の測定値と体の形に基づいて個人のデジタルプロファイルを作成し、それを衣服の寸法と比較して、どのようにフィットするかを確認できます。購入したい製品のサイズを自分の好きな衣服と視覚的に比較する機会も顧客に提供されます。

VirtusizeのCEOであるアンドレアスオラウソンは、ヨーロッパの消費者からの期待を理解することができ、ヨーロッパのファッション小売業者が将来的にオンライン試着サービスを導入することがより一般的になると信じています。

オンライン試着は、今日ヨーロッパでは非常に抽象的な概念です。しかし、Klarnaの調査は、スウェーデンの消費者の間で、サイズと服がどのようにフィットするかをよりよく理解するという明確な意志があることを確認しています。アジア市場では、オンライン試着サービスがリターンシェアを減らし、顧客満足度を高めることがわかりました。今日、アジアのファッションハウスが顧客にオーダーメイドのデジタルショッピング体験を提供しないことは考えられないでしょう、とアンドレアスオラウソンは言います。

日曜日の夜はファッションを買うのに最も人気のある時間です

何百万ものスウェーデンのファッション購入を分析した後、Klarnaは、買い物をするのに最も人気のある時間は、日曜日の夜19〜20時のであると判断できました。購入の3分の2(67%)は携帯電話からのものであり、これは女性の間ではるかに一般的です。男性は、コンピュータとタブレットをより多く使用します。

多くの購入が日曜日の夜遅くまで行われているという事実は、多くの人が来週の仕事の前にリラックスする機会であるという説明をできるかもしれません。スウェーデン人の大多数が、適切なモデルとサイズを選択する際に小売から得られるすべてのガイドを高く評価していることも、それほど奇妙なことではありません。パンデミックが実店舗で服を試着する機会に影響を与えたとき今は特にそうであろう、とKlarnaの消費者行動の専門家であるVivekaSöderbäckは言います。

ストックホルム市民は一人当たりのファッションへの消費が圧倒的に多い

Klarnaのショッピングインデックスは、ストックホルム市民が一人当たりの買い物が最も多く、平均的なスウェーデン人よりも服や靴に一人当たり平均18%多く費やしていることを明確に示しています。また、最も買い物をしている郡間の明確なつながりを見ることができます。最も人口密度の高い3つの郡、ストックホルム郡、VästraGötaland地域、RegionSkåneはすべて、ショッピングインデックスのトップであり、全国平均を上回っています。

-品揃えの豊富な実店舗の集中度が高いにもかかわらず、ファッションのeコマースが国内の3大都市周辺の最も人口密度の高い地域で最も人気があることは明らかです。これは、都市生活者のファッションへの関心が高く、オンラインショッピングが実店舗を補完する魅力的な存在になりつつあるためと考えられるかもしれません。これは、コロナパンデミック中の予防措置に関連している可能性が、同時に、オンラインストアでの商品提示技術が向上し、柔軟で迅速な配送が可能になってきていると、VivekaSöderbäckは述べています。

 

* 統計は、2020年3月21日から9月21日までの間にKlarnaの決済ソリューションを利用した場合のものです。Klarnaは、スウェーデンのEコマースの取引の約半分を取り扱っています。

** KlarnaはCintと共同でスウェーデンの消費者1,067人を対象とした代表的な調査で実施しました。

詳細はこちら

Johan Gustafsson,

Head ofCommunications Klarna0728558617

johan.gustafsson@klarna.com

 

Klarnaについて

Klarnaは、世界有数の決済プロバイダーであり、完全認可銀行でもあります。Klarnaは、決済と銀行サービスに革命を起こし、消費者と加盟店の双方にとって可能な限りスムーズなショッピング体験を実現したいと考えています。2005年にストックホルムで設立され、現在の評価額は530億クローネで、ヨーロッパで最も高く評価されているプライベート・フィンテック企業の一つです。Klarnaは、消費者に今すぐ支払う、後で支払う、または時間をかけて支払いを分割することができる機会を提供しており、どこでも簡単で安全でスムーズなショッピング体験を提供しています。Klarnaは現在、20万の提携販売店と3,000人の従業員を擁し、17カ国で活動しています。Klarnaの販売店には、H&M、IKEA、Expedia Group、ASOS、Michael Kors、Nike、Superdry、Sephora、Samsung、Zara、Boozt、Sonos、Daniel Wellingtonなどのブランドがあり、Klarnaの革新的なショッピング体験を通じて、支払いを超えたサービスを提供し、消費者が個人の経済をコントロールする機会を提供しています。詳細については、klarna.comをご覧ください。

原文はこちら : 

https://www.klarna.com/international/press/kladforsaljningen-pa-natet-okar-kraftigt-men-svenskarna-vill-ha-battre-hjalp-med-att-hitta-ratt-storlek/


スウェーデン発のグローバルオンライン決済企業「Klarna」メディアの最新記事にVirtusizeが掲載。

ヨーロッパ、特にスウェーデンでのオンラインでのファッションの需要が非常に高まっているという本記事に、弊社CEOアンドレアスが将来的に購買者が持ちうる期待や購買習慣についてKlarna社とともにコメントしています。


以下記事は、Klarna社オンラインメディア記事より抜粋の上、翻訳転載しております。

原文は、スウェーデン語ですが、以下日本語訳をしております。ぜひ、ご一読ください!

オンラインでの衣料品販売は急増していますが、スウェーデン人は適切なサイズを見つけるためのより良いサービスを求めている

ストックホルム / 10月9日 

コロナの大流行の間、オンラインでの衣類の販売は大幅に増加しました。しかし、オンラインで服を購入したほとんどすべてのスウェーデン人は、ある時点で、購入した服が期待どおりに合わないことを経験しました。解決策は、現在アジアで成功しているオンライン試着サービスです。


Klarna *の統計によると、コロナパンデミック期間中の衣料品および履物のオンライン販売は、前年同期と比較して57%増加し、秋もこの傾向が続き、9月の販売は61%増加しました。同時に、最近の調査**によると、約半数(46%)が適切なサイズを見つけるのに十分な助けが得られないと感じており、ある時点でオンラインで服を購入したほぼすべての人(95%)が、サイズが期待どおりではなかったとい経験をしています。

スウェーデンのファッション買い物客の大多数は、将来、より良いサービスを期待しています。10人中7人(69%)は、仮想試着室で服を試着して、適切なサイズを選べるように、服がどのようにフィットするかをテクノロジーを利用して確認したいと考えています。10人中8人(82%)が、将来的にオンラインストアでより一般的になると予想しています。

 

Virtusizeは、オンライン試着サービスを提供するスウェーデンの会社です。近年、特にアジア市場で爆発的に成長しています。同社のサービスは現在、オンラインでの日本のファッション購入の約5分の1で使用されていますが、AcneやNudieなどの有名なスウェーデンのブランドでも使用されています。Virtusizeを使用すると、顧客は自分の体の測定値と体の形に基づいて個人のデジタルプロファイルを作成し、それを衣服の寸法と比較して、どのようにフィットするかを確認できます。購入したい製品のサイズを自分の好きな衣服と視覚的に比較する機会も顧客に提供されます。

VirtusizeのCEOであるアンドレアスオラウソンは、ヨーロッパの消費者からの期待を理解することができ、ヨーロッパのファッション小売業者が将来的にオンライン試着サービスを導入することがより一般的になると信じています。

オンライン試着は、今日ヨーロッパでは非常に抽象的な概念です。しかし、Klarnaの調査は、スウェーデンの消費者の間で、サイズと服がどのようにフィットするかをよりよく理解するという明確な意志があることを確認しています。アジア市場では、オンライン試着サービスがリターンシェアを減らし、顧客満足度を高めることがわかりました。今日、アジアのファッションハウスが顧客にオーダーメイドのデジタルショッピング体験を提供しないことは考えられないでしょう、とアンドレアスオラウソンは言います。

日曜日の夜はファッションを買うのに最も人気のある時間です

何百万ものスウェーデンのファッション購入を分析した後、Klarnaは、買い物をするのに最も人気のある時間は、日曜日の夜19〜20時のであると判断できました。購入の3分の2(67%)は携帯電話からのものであり、これは女性の間ではるかに一般的です。男性は、コンピュータとタブレットをより多く使用します。

多くの購入が日曜日の夜遅くまで行われているという事実は、多くの人が来週の仕事の前にリラックスする機会であるという説明をできるかもしれません。スウェーデン人の大多数が、適切なモデルとサイズを選択する際に小売から得られるすべてのガイドを高く評価していることも、それほど奇妙なことではありません。パンデミックが実店舗で服を試着する機会に影響を与えたとき今は特にそうであろう、とKlarnaの消費者行動の専門家であるVivekaSöderbäckは言います。

ストックホルム市民は一人当たりのファッションへの消費が圧倒的に多い

Klarnaのショッピングインデックスは、ストックホルム市民が一人当たりの買い物が最も多く、平均的なスウェーデン人よりも服や靴に一人当たり平均18%多く費やしていることを明確に示しています。また、最も買い物をしている郡間の明確なつながりを見ることができます。最も人口密度の高い3つの郡、ストックホルム郡、VästraGötaland地域、RegionSkåneはすべて、ショッピングインデックスのトップであり、全国平均を上回っています。

-品揃えの豊富な実店舗の集中度が高いにもかかわらず、ファッションのeコマースが国内の3大都市周辺の最も人口密度の高い地域で最も人気があることは明らかです。これは、都市生活者のファッションへの関心が高く、オンラインショッピングが実店舗を補完する魅力的な存在になりつつあるためと考えられるかもしれません。これは、コロナパンデミック中の予防措置に関連している可能性が、同時に、オンラインストアでの商品提示技術が向上し、柔軟で迅速な配送が可能になってきていると、VivekaSöderbäckは述べています。

 

* 統計は、2020年3月21日から9月21日までの間にKlarnaの決済ソリューションを利用した場合のものです。Klarnaは、スウェーデンのEコマースの取引の約半分を取り扱っています。

** KlarnaはCintと共同でスウェーデンの消費者1,067人を対象とした代表的な調査で実施しました。

詳細はこちら

Johan Gustafsson,

Head ofCommunications Klarna0728558617

johan.gustafsson@klarna.com

 

Klarnaについて

Klarnaは、世界有数の決済プロバイダーであり、完全認可銀行でもあります。Klarnaは、決済と銀行サービスに革命を起こし、消費者と加盟店の双方にとって可能な限りスムーズなショッピング体験を実現したいと考えています。2005年にストックホルムで設立され、現在の評価額は530億クローネで、ヨーロッパで最も高く評価されているプライベート・フィンテック企業の一つです。Klarnaは、消費者に今すぐ支払う、後で支払う、または時間をかけて支払いを分割することができる機会を提供しており、どこでも簡単で安全でスムーズなショッピング体験を提供しています。Klarnaは現在、20万の提携販売店と3,000人の従業員を擁し、17カ国で活動しています。Klarnaの販売店には、H&M、IKEA、Expedia Group、ASOS、Michael Kors、Nike、Superdry、Sephora、Samsung、Zara、Boozt、Sonos、Daniel Wellingtonなどのブランドがあり、Klarnaの革新的なショッピング体験を通じて、支払いを超えたサービスを提供し、消費者が個人の経済をコントロールする機会を提供しています。詳細については、klarna.comをご覧ください。

原文はこちら : 

https://www.klarna.com/international/press/kladforsaljningen-pa-natet-okar-kraftigt-men-svenskarna-vill-ha-battre-hjalp-med-att-hitta-ratt-storlek/


Tell us more about you to download

ありがとうございます!下のボタンより資料をダウンロードしてください。
ダウンロード
Oops! Something went wrong while submitting the form.
Thank you! Please download the file below.
Download a file
Oops! Something went wrong while submitting the form.
감사합니다! 파일을 다운로드해주세요!
파일 다운로드
Oops! Something went wrong while submitting the form.

Up next

ウクライナ難民学生の奨学金支援を開始いたしました

【メディア掲載】繊研新聞に掲載されました!

家庭科の資料集”LOOK UP!!”(開隆堂)に掲載されました

最高ビジネス責任者(CBO)に高橋君成が就任いたしました

4/27 セミナーレポート〜ご参加いただきました皆様、ありがとうございました!

【メディア掲載】 WWDJapan にインタビューが掲載されました

Virtusize launched scholarship support for Ukrainian refugee students

Virtusize was featured in Senken Shimbun

Virtusize is featured in home economics textbook "LOOK UP!!"

Virtusize was featured in WWD Japan

Virtusize was featured in The Consumer Affairs Agency in Japan's website

Virtusize selected for Microsoft for Startups

버츄사이즈, 아웃도어 브랜드 네파(NEPA)에 서비스 제공

버츄사이즈, 온라인 쇼핑 솔루션 새 버전 출시

입어볼 수 없다면, 가지고 있는 옷과 비교해보세요. 사이즈 솔루션 ‘버츄사이즈’

코로나(COVID-19) 바이러스가 일본 패션시장에 미친 영향

비대면 패션/유통 부상한다

Inside Fashion #1: SANYO SHOKAI